交通量調査員のアルバイトをする方法とは?

交通量調査

交通量調査員の仕事は、駅前や商店街、道路脇や交差点で、置かれた椅子に座りながら歩行者や自動車の交通量をカウントする仕事です。車や通行者が前を通り過ぎる度に、膝の上に置いてあるカウンターをカチッカチッと1回1回押していきます。3〜5名のグループ単位で作業を行い、通常は、定期的に休憩時間を取りながら交替を繰り返していきます。
交通調査の目的は、国や地方自治体が行う信号機設置や道路改築の準備として、自動車の交通量のデータを収集するためです。道路工事などで交通規制を行う場合に、事前に渋滞などの影響度も調査します。また、新規にコンビニやスーパーといった商業施設を立ち上げる際に、歩行者の数を調べて集客のための立地に適しているかを調査するために行います。
長時間屋外で作業をすることになるので、夏であれば、脱水症にならないよう飲料水の準備と日焼け・UV対策、冬であれば防寒対策は不可欠です。トイレの確保も重要なので、仕事に入る前に一番近くのコンビニなど、トイレの場所を確認しておきましょう。

 

交通量調査員はアルバイトサイトなどをマメにチェック!

交通量調査員は、アルバイトサイトに募集情報が掲載されると、すぐに枠が埋まってしまうほど、非常に人気が高い仕事です。この仕事は1回限りが大半のため、長期的な副業として行うには難しいかもしれません。ただ、仕事内容が楽ですので、本業の妨げにもならず手軽に働けるのが魅力です。それでは、交通量調査を行うまでの流れを確認していきましょう!

アルバイト情報をチェックする

ジョブリンク、DOMO NET、ジョブセンスなどの大手アルバイト情報サイトから、募集案件をチェックします。

情報が見つかったら申請する

交通量調査の仕事が見つかったら、そのまま申し込みをします。履歴書を書かなくてもネット上で応募できますので、申請もスムーズです。

詳細情報に対応する

返信メールに、労働条件や勤務場所、時間など詳細情報が記載されていますので、指示に従います。

仕事に就き報酬を受け取る

支払い方法は依頼先にもよりますが、仕事が終われば、即日か1週間以内に賃金が支払われることが多いです。時給は1,500円くらいが相場で、大体12時間労働で10,000〜15,000円、24時間労働で20,000〜30,000円くらいの報酬を受け取ることができます。都心は交通量も多いせいか単価も高く、地方になると単価は下がります。

ランキング

サービス おすすめ度 詳細へ
アルバイト おすすめ度
アルバイト サービス おすすめ度 詳細へ
アルバイト おすすめ度
バイトリッチ サービス おすすめ度 詳細へ
アルバイト おすすめ度
サービス おすすめ度 詳細へ
アルバイト おすすめ度
サービス おすすめ度 詳細へ
アルバイト おすすめ度

このページの先頭へ戻る